ENTRY無料エントリー
  1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. リラックス法や休養をうまく使い、仕事のパフォーマンスへとつなげていきましょう 

リラックス法や休養をうまく使い、仕事のパフォーマンスへとつなげていきましょう 

リラックス法や休養をうまく使い、仕事のパフォーマンスへとつなげていきましょう 

リラックス法や休養
仕事をしているとどうしても精神面や体力面での疲れが出てきてしまいます。それでもフルタイムで働いている人は、毎日高いパフォーマンスで仕事をこなさなくてはいけません。その時にリラックスしたり休養など、仕事の合間や仕事以外での過ごし方が重要になっていきます。

リラックスすることによるメリット

メリット
参照:意外と知らない?リラックスすることによる、心と体のメリット
忙しい日々を送っている人は、どうしてもストレスが蓄積されてしまいます。ストレスが蓄積されると、心と体に様々な影響を与えてしまいます。その時にリラックスする時間を作ることができれば様々なメリットがあるのですが、リラックスするとどんな効果があるのかを知っている人は意外と少ないです。リラックスをする時間を取り入れることによってどんなメリットがあるのでしょうか。

健康面

まずは健康面ですが、リラックスすることで筋肉が緩んで血液の循環が良くなったり、老廃物を輩出できたり、むくみを改善できたり、肩こりや腰痛がすっきりするなどの効果があります。筋肉が緊張した状態が続いてしまいますと、肩こりや腰痛の原因になります。リラックスすることによって、その症状が軽減されるのです。特にデスクワークでは座りっぱなしでの作業が多くなりますので、少しの時間でもリラックスして、心身共々落ち着かせて作業を進めていきましょう。

美容面

次に美容面ですが、リラックスして筋肉が緩むことによって、血液やリンパの循環がよくなって肌に栄養や酸素が十分に行き届き、くすみが改善されたり、顔色が良くなったりします。当然疲れた状態では顔色が良くなることはないでしょう。体は正直なのでそれがどうしても顔に出てきてしまうのです。そういった意味では健康面への効果がそのまま美容面の効果へとつながっていきます。そしてもう1つ、肥満を予防できることです。ストレスによる血行不良でむくみや冷えが慢性化すると、余分な脂肪がつきやすくなってしまいます。ダイエットを意識している人は、まずはリラックスしてみましょう。どちらも共通して言えることは、自分のペースを乱してしまいますと、それがストレスにつながって、心身共々にも影響が出てきてしまうので、まずは自分を落ち着かせることから始めていきましょう。

精神面

精神面ではコミュニケーションが円滑になる、仕事へのパフォーマンスが向上するなどの効果があります。リラックスしてストレスを軽減できれば、不安や不満などの感情が和らげられますので、気持ちが明るくなって積極的になったり、余裕の心持ちが人に優しくなれたりします。まさに自分に優しくなれる人は人にも優しくできるということです。もちろんそれだけではなく、集中力も回復するので、仕事の効率化を落とすことなくパフォーマンスを上げられます。合間合間に一息を入れるのも仕事をする上では大切な要素になっていきます。仕事もただこなせばいいというものではないので、リラックスしながらクオリティを下げないようにしていきましょう。

便秘や睡眠不足の解消にも

ストレスや緊張を抱え込みすぎると、自律神経のバランスが乱れ、心身共に悪影響を及ぼします。自律神経のバランスを整えることができれば、便秘を解消できたり、不安やイライラなどを和らげることができますので、睡眠の質を良くすることができます。リラックス方法には様々な方法がありますが、自分に合うリラックス方法を見つけ、自律神経のバランスを整えて、毎日の生活にゆとりを持っていきましょう。

リラックス方法

リラックス方法
参照:「自粛疲れ」の軽減に!家でできる【リラックス方法5選】
「自粛疲れ」の軽減に!家でできる【リラックス方法5選】

リラックスする方法は、その場でできるもの、自宅でできるものなど様々です。自分の環境に合わせ、ゆっくりリラックスしながら、仕事へのパフォーマンスを整えていきましょう。どこかでリラックスする時間を作らないと、根を詰めすぎてしまい、それがストレスにつながってしまう恐れもありますので、常に落ち着いた状態を作ることが、健康面や精神面を安定させていきます。

ストレッチ

ストレッチはその場ですぐできるリラックス方法の1つです。社会人は運動不足になりやすく、運動不足になってしまいますと身体のバランスが悪くなり、精神的に不調になりやすくなってしまいます。ストレッチはそんな運動不足の方でも効果的な方法です。ゆっくり体を伸ばしていくことで疲労解消になったり、肩こりや腰痛などを解消したりできます。デスクワークでも少しやるだけで集中力が戻ったりして、パフォーマンスをキープできます。自宅でも自分と見つめ直すのにもストレッチは効果的です。筋肉を動かすことによって体温が上昇したり、免疫機能が向上すると言われています。ストレッチのやり方がわからない人はYouTubeなどのインターネットの動画を見ながらやるのが効果的です。ストレッチはただやるだけでなく、この伸ばし方はどんな効果があるのかを知っておいた方がより効果が出てきますし、身体のどの部分に効いているのかを意識しながらやらなくてはいけません。5分やるだけでも効果は出てきますので、実践して身体をすっきりさせていきましょう。

音楽を聴く

音楽を聴くこともリラックス効果を得られます。心地よい音楽を聴くことで脳内にはα波が出るため、体と脳を休めることができます。特にゆっくりとしたリズムの音楽を聴くことで脳をリラックスすることができます。音楽によって様々な効果がありますが、今自分が聞きたい曲、求めている曲があるのならば、それを聴くのが1番です。自分の好きな音楽を聴いて心地よい空間でリラックスしていきましょう。

アロマテラピー

アロマなどの香りを楽しむことも高いリラックス効果を得られます。アロマテラピーによる香りは脳から鼻に伝わり、自律神経やホルモンバランスを整えます。副交感神経が優位に働くことで体の緊張がほぐれるとともに、心身共にリラックスすることができます。ラベンダーの香りは緊張を解き、気持ちを落ち着かせることができますので、質の高い睡眠効果を得られます。柑橘系の香りは気持ちが落ち込んでしまったときに効果がありますし、グレープフルーツやゆずの香りは食欲がないときに効果があります。料理で1番食欲が出るのは香りからだと言われているほど、香りは人間に1番敏感になりやすい要素です。ちょっとイライラしたときにスッキリさせてくれるような香りが、人の生活に良い影響を及ぼしてくれます。

積極的休養と消極的休養

積極的休養と消極的休養
参照:休養の基礎知識「積極的休養のすすめ」 日々のパフォーマンスを上げるためにも、上手に休息を♪
休養には大きく分けて2種類あり、1つは疲労回復のためだけでなく、次の活動に向けた活力・意欲などを養う積極的休養、体を動かさずにゆっくりと休み疲労回復を求める消極的休養があります。休養の使い方が次のパフォーマンスへとつながっていきます。モチベーションを失いかけているのならば、運動やストレッチや自分の好きなことをしてモチベーション回復をし、疲労的に疲れているのならば昼寝や入浴などで疲労回復をしていきましょう。休養をうまく使い、次のパフォーマンスにつなげていきましょう。

まとめ

ストレスを抱え込まないようにするためには、根を詰めすぎないことです。仕事の合間でもストレッチをして、体をリラックスさせながら業務を進めていきましょう。自宅でも音楽を聴いたり、アロマの香りなどを楽しんだりして、自分に合うリラックス方法で、心身共々スッキリさせていきましょう。休養の使い方も大切です。モチベーションが下がっている時は、運動や自分の好きなことをしてモチベーション回復を、疲労的に疲れている時は昼寝や入浴などを上手に活用し、ゆっくりと体を休めて疲労回復をしていきましょう。人間は仕事をしているとどうしても、体力面、精神面に疲れが出てきてしまいますが、それでも次のパフォーマンスにつなげていかなくてはいけませんので、自分に合うリラックス方法や休養の仕方を見つけ、乗り越えていきましょう。

「楽しく生きる」をコンセプトに、働く時間を価値ある時間にする人材サービスを提供します。
そして、誰もが楽しくダブルワークできる時代を築きます。

my styleは短時間・単日数に特化した求人サイトです。
東京・神奈川・埼玉・千葉の事務・オフィスワークを中心にあなたに合ったお仕事をご紹介いたします。
お気軽にお電話もしくはおメールにてご連絡ください。