ENTRY無料エントリー
  1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. スランプとうまく付き合っていくためには

スランプとうまく付き合っていくためには

スランプとうまく付き合っていくためには

一般的にスランプとは、調子が悪くなったり、体が重くなって自分の思うように動かせなくなるなど、自身にとって絶不調な状態のことを言います。スポーツでいえば今までうまくいっていたものが、急にうまくいかなくなる。クリエイティブでいえば書きたくない、作りたくないなど、まったくやりたくない状態になってしまうことです。スランプ状態になるというのは、どんな状態になってしまうのか詳しく見ていきましょう。

スランプに陥ると

スランプに陥ると
参照:スランプ脱出!乗り越え方に大切な考え方と改善方法
スランプに陥ってしまいますと、「通常な状態であれば解決できるものができなくなる」、「冷静な判断が難しくなる」、「何もかもが嫌になる(やりたいものがやりたくなくなる)」など自身の心のバランスが崩れてしまいます。つまり精神面での問題になってきてしまいます。なかなかうまくいかない、成長したと実感ができなくなってしまいますと、考え方が弱くなってしまい(マイナス思考)、行動ができなくなってしまうのです。勉強・スポーツ・仕事・人間関係など様々な場面でスランプに陥ってしまう可能性はあります。

スランプに陥ってしまう原因

スランプに陥ってしまう原因
参照:スランプの原因は?スランプからぬけだすための考え方と方法論とは?
仕事・遊び・人間関係など人生を生きていたら、スランプに陥ってしまう可能性はあります。スランプに陥ってしまう原因は様々なものがありますが、基本的には「頑張りすぎてしまう」、「毎日が同じような日」などになります。最初から張り切ってしまうと「上手くいかなかった」、「成長が実感できなかった」時に、一気にモチベーションが下がってしまいます。また逆に仕事内容・給料・恋愛できないなど、毎日毎日同じ日になってしまうのもスランプになってしまう可能性があります。人生つまらないと思うようになってしまうという状態です。これから紹介する原因はそれらに共通しています。

結果に執着しすぎてしまう

まさにこれこそが頑張りすぎてしまう理由になってくるでしょう。人は結果が良ければうれしいですし、結果が悪ければ悲しくなります。結果が悪いと「これではダメだ」と余計に頑張りすぎてしまい、また結果が悪くなってしまいますと、だんだんと行動をするのが嫌になったり、自分に自信が持てなくなってしまいます。あまり結果に執着しすぎると、できている部分も見えなくなってしまいます。つまり成長している部分もあるのに、それすらも見えなくなってしまうということです。あまり結果に執着せずに、成長している自分をほめてあげることができれば、スランプに陥る可能性はなくなるでしょう。

周りからのプレッシャー

「君はすごいね」、「君には期待しているよ」などを言われ続け、周りから期待されていると、それがかえってプレッシャーになってしまい、スランプになってしまうことがあります。周りの期待に応えようという強い思いがかえって焦りを生んでしまいます。他人からの評価を気にしやすい人は、とにかく結果を出して認めてもらいたいという承認欲求が強くなり、逆になかなか認めてもらえなくなるとモチベーションが下がってしまう傾向があります。

やっていることがマンネリ化

毎日同じルーティンで仕事をしていて成長を感じなくなってきますと、「このままでいいのだろうか」という不安になってしまい、スランプになってしまうことがあります。特に仕事内容・給料など、毎日がマンネリ化状態になってしてしまうと、モチベーションが下がっていってしまう傾向があります。「仕事なんだから仕方がない」と自分に言い聞かせていたとしても、マンネリ化にはその気持ちは勝てません。その気持ちで仕事を頑張りすぎてしまうとやがて人生このままでいいのかと考えるようになってしまいます。

スランプ状態が別に悪いというわけではない

悪いというわけではない
参照:スランプって素晴らしい!考え方を変えれば悩みも変わる
スランプに陥ってしまうと、行動できなくなってしまったり、マイナス思考ばかり考えるようになってしまい、とても嫌な状態ですが、考え方を変えることができればスランプ状態が別に悪いというわけではありません。そもそもなぜスランプに陥ってしまうのかというと、スランプの原因の中に共通するのが「向上心があるから」です。この向上心があるからこそ、結果に執着してしまったり、周りからのプレッシャーを感じたり、人生このままでいいのかと感じたりするのです。逆に言いますと、向上心がなければスランプに陥ることはありません。向上心がない人は様々な壁を乗り越えようとはしないでしょう。逃げることで問題を解決しようとします。そして自分自身で成長しようとしないので、周りからも期待されることが少なくなります。向上心がある人に必ずスランプはやってきます。しかしその壁を乗り越えることができれば、1歩また1歩と自身を成長させたことになります。このように考え方を変えることができれば、スランプ状態も決して悪いとは言い切れないでしょう。

スランプを脱出する方法

スランプを脱出
参照:スランプ脱出!乗り越え方に大切な考え方と改善方法(冒頭・気分転換・何もしない部分)
スランプを脱出するのに絶対にこれという方法はありません。脱出方法は人それぞれになってきます。色々試して試行錯誤して自分なりに方法を見つけていくのです。1つだけ言えることはスランプというのは、今の問題を解決させることでスッキリしていくので、それまでをどう乗り越えていくのかを考えていかなくてはいけません。今回はそのための方法を見ていきましょう。そして1番自分に合った方法を見つけていきましょう。

気分転換をする

モチベーションが下がってきたときに、気分転換をすることでモチベーションが回復していきます。どんな場合でもこのモチベーションは大切になっていきますので、それをキープできる方法を実践してみて下さい。いざスランプに陥った際に備えておきますと、大いに役に立つことができます。またその気分転換が問題を解決させるヒントを見つけてくれるかもしれません。あくまで可能性ですが、色々試してみることで壁を乗り越えることができることもあります。

人に相談してみる

参照:スランプの原因は?スランプからぬけだすための考え方と方法論とは?(これのみ) 
自分自身で解決できないのであれば、人に相談してみるのもありです。人に相談することで思いがけない切り口を提案してくれて、それを試してみた結果、問題を解決することができたという例も少なくないでしょう。他人の意見を受け入れることも大切です。ただし相談する相手を間違えてはいけません。慰めも大事ですが、あくまで問題を解決させる、スランプを脱出させるための相談になりますので、「この人だったらいい提案をしてくれるかもしれない」と信頼している人に相談しましょう。

何もしない (小見出し)

根を詰めてもなかなか解決しない場合は、1回時間をおくことでアイディアが浮かんでくる可能性があります。根を詰めすぎると自分がつぶれてしまい、スランプがスランプを呼ぶことにもなりかねません。どうしてもできない、やりたくない状態まで陥ってしまった場合はこの方法を取り入れてみましょう。やりたくなる状態に回復するまで、ひたすらその問題から離れるのです。モチベーションが低い状態で続けても身に付かない、良いアイディアが浮かばない、そんな状態で続けるよりは、モチベーションが高い状態で続けたほうが、身に付いたり、良いアイディアが浮かんだりします。確かに何もしないで離れるのはかえって不安になりますし、非常に勇気のいる行動になってしまいますが、時間をおくことでまたモチベーションは回復していきますので、実践してみるのはありだと思います。

まとめ 

スランプを脱出するためには問題を解決させなくてはいけません。そのままにしても問題が解決できなければ、その状態はずっと続いてしまいます。その問題から逃げて、精神面で脱出できたとしても、自身の成長にはつながりません。いわゆる慰めてもプラスにはならないということです。スランプ状態は嫌ですが様々な方法を実践し、その問題を解決させることができれば、晴れてスッキリしたと言えるでしょう。考え方を変えればスランプ状態も悪くはありません。スランプとうまく付き合って自身の成長につなげていきましょう。

「楽しく生きる」をコンセプトに、働く時間を価値ある時間にする人材サービスを提供します。
そして、誰もが楽しくダブルワークできる時代を築きます。

my styleは短時間・単日数に特化した求人サイトです。
東京・神奈川・埼玉・千葉の事務・オフィスワークを中心にあなたに合ったお仕事をご紹介いたします。
お気軽にお電話もしくはおメールにてご連絡ください。