ENTRY無料エントリー
  1. トップページ > 
  2. 転職お役立ちコラム > 
  3. 資格を勉強する意味とは

資格を勉強する意味とは

資格を勉強する意味とは

資格を勉強する意味とは
資格とは就職活動や転職活動にはかかせない1つの要素になるものです。資格は様々なものがあり、職種によって取るべき資格も変わってきます。資格を取れば就職や転職に役に立つ、役に立たないとの色々な意見がありますが、資格を取ることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

ないよりはあったほうが好印象

資格を持つことは、今の自分のスキルがどのくらいあるのか、証明できるものがあるということです。いくら口でアピールをしたとしても、企業に納得させるアピールをするのはなかなか難しい部分があります。ポートフォリオもそうですが、今の自分はどんなことができるのか、どんなスキルを持っているのかを証明することによって、企業に対してどう頑張っていくのか、どんな人になりたいのかを納得させるアピールをすることができます。そういう意味では資格を何も持っていない人よりは、何らかの資格を持っている人が有利になるのは間違いありません。資格を取得するのは容易ではなく、時間を掛けてコツコツ勉強して、初めて合格できるということです。持っている資格をアピールすることができれば、「努力のできる人」、「向上心のある人」など、好印象を与えることができます。
参考サイト:【就職に強い資格とは】スキルをアピールできる好印象な資格10選

実務経験が1番大事

実務経験が1番大事
企業は「資格を持っていても実務経験が全くない人」よりも、「資格を持っていなくても実務経験がある人」のほうが欲しい人材と言われるほど、実務経験が大きな選考基準になってきます。そういった意味では資格勉強よりも、早く実務経験を積んだほうが転職には有利になっていくということです。しかし求人の中には、とある資格を持っていなければ、応募できないケースや、資格手当など給与面で優遇される場合もあるので、資格を勉強することは全く無駄ではありません。それでも「資格を持っている」と「仕事ができる」は全く別です。なので資格を取ったからと言って安心はできません。資格を活かせなければ意味がないからです。スポーツでいえば勉強だけすれば、うまくなるものではありません。実践を積んでいくことで、少しずつうまくなっていくのです。それと同じで理想は、「実務経験を積みながら、資格を勉強する」でしょうか。どちらにせよ資格を取得するまでには大量の時間が掛かってしまいます。特に不合格になってしまえば、またテスト日までの期間が空いてしまいます。そうなってしまうと当然その間は、実務経験を積んでいるライバルがどんどん出てきてしまいます。先ほどにも記述しましたが資格を持つことよりも、実務経験を積むことのほうが有利になってきますので、派遣だとしても未経験で採用してくれるのなら、早く実務経験を積んでしまいましょう。そのうえで今度は、同じ実務経験を積んでいる人の中で資格を持っている人が有利になっていくというわけです。実務経験と資格の勉強、両立できるようにしていきましょう。
参考サイト:資格取得は意味がない?得られる7つのメリットと役に立たないケース3つを解説

事務職で役に立つ資格

事務職で役に立つ資格
事務職で役に立つ資格は色々あります。中でもWord・Excel・PowerPoint・Access・Outlookのスキルを証明してくれるMOS資格。これは問題形式が実戦形式になっているため、資格の取得を証明するための勉強がそのままスキルアップにつながります。そして営業活動の記録・計算・整理を行う経理の基本が詰まっている日商簿記資格、ITに関する基礎知識や有効活用が身に付くITパスポート、英語を使用するときに英語力を証明できるTOEICなどです。TOEICは基本的に600点が目安になってきます(外資系企業では800点を目安にしているところもあります)。実務経験に加えて事務職に役立つ資格があればそれだけで強くなります。向上心は大切です。
参考サイト:経理や事務系資格おすすめ6選 経理や一般事務で有利な資格などを厳選ランキング

資格の勉強方法

資格の勉強方法
資格を勉強する方法はいくつかありますが、資格を取得するためには、大量の時間が掛かってしまうこと、社会人は勉強する時間が限られてしまうことなどを考えて、自分に合った勉強法を探すことがとても重要になってきます。1つ言えることはどんな勉強法にも必ずメリット・デメリットが存在するので、今の自分の現状や、やりやすい方法を考えて勉強していきましょう。今回はMOS資格を取得するための勉強法を見ていきます。

パソコン教室

まず1つがパソコン教室に通って勉強する方法です。この方法の良いところは、まずあまりパソコンを使い慣れていない人や、マイクロオフィスソフトを使ったことがない人でも、使えるように教えてもらいながら、勉強できるところです。それに独学で勉強するよりも教えてもらったほうが、わからないところも早く解決できるので、忙しい社会人でもつまづくことなく、勉強を進められます。ただその分費用は掛かってしまいますし、予約が埋まってしまい、自分の都合に合わせて勉強ができなくなってしまうところがデメリットになります。

通信講座

ユーキャンやKENスクールなどで有名な、通信講座で勉強する方法があります。こちらの勉強方法は教材が自宅に送られますので、自分の勉強したいときに勉強ができます。パソコン教室は予約が必要で、予約が埋まってしまうとその日は勉強できなくなってしまうデメリットがこちらでは解消されるわけです。ただその分、近くに講師がいないので、わからないところはメールで送って返事を待つ形になります。パソコン教室に比べるとすぐに解決できないところがデメリットになります。もちろん費用は掛かりますので、自分の現状と相談してみましょう。

独学

1番費用が抑えられる方法です。基本的にはテキストや、Youtubeなどの動画、タダで学べるサイトなどを使って、自分で勉強していきます。ただしわからないところは、完全に自分で調べて、解決していかなくてはいけないので、自分で解決できる力がある人にはおススメの勉強法です。近くに相談できる相手を作っておくことも重要になります。相談やわからないことを聞けるのは、独学で勉強する人にとっては非常に心強くなります。

まとめ

ビジョンをしっかり考えるところでも記述しましたが、資格を取って意味があるかないかは、本人次第になってきます。1番大事なのはそういった人の意見に左右されないようにすることです。資格の問題だけではなく、これからの問題を解決していくための自己判断力も鈍くなってしまうので、今の自分には何が必要なのかをよく考えて行動することが大切です。それでも解決できないときは人を頼ってみてもいいでしょう。ただしどんな選択をしたとしても、責任は自分にあるということを覚えておきましょう。

「楽しく生きる」をコンセプトに、働く時間を価値ある時間にする人材サービスを提供します。
そして、誰もが楽しくダブルワークできる時代を築きます。

my styleは短時間・単日数に特化した求人サイトです。
東京・神奈川・埼玉・千葉の事務・オフィスワークを中心にあなたに合ったお仕事をご紹介いたします。
お気軽にお電話もしくはおメールにてご連絡ください。